“鍋町”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なべちょう87.5%
なべちやう12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一空さまが、通新石町から馬鞍横町へ折れて、小柳町鍋町東横丁と過ぎて不動新道へはいると、和泉屋の総本店はすぐ眼についた。
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)
鍋町風月の二階に、すでにそのころから喫茶室があって、片すみには古色蒼然たるボコボコのピアノが一台すえてあった。
銀座アルプス (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
鍋町御座いますかと見返れば鍋町ではなし、本銀町なりといふ、らばとばかり一町りませうかとへば
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
萬世橋りましたがお何方へて車夫車上ひくゝ鍋町までと一言車夫きもへずめて一勢しぬ
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)