“南鍋町”の読み方と例文
読み方割合
みなみなべちょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
家にいての香以の生活は余り贅沢ではなかった。料理は不断南鍋町の伊勢勘から取った。蒲焼が好で、尾張屋、喜多川が常に出入した。
細木香以 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
ブラヂルコーヒーが普及せられて、一般の人の口に味われるようになったのも、丁度その時分からで、南鍋町と浅草公園とにパウリスタという珈琲店が開かれた。
葛飾土産 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
その頃京橋南鍋町に若井兼三郎俗に近兼という道具商があった。この人は同業仲間でもい顔で、高等品を取り扱い、道具商とはいいながら、一種の見識を備えた人であった。