“南町”の読み方と例文
読み方割合
みなみちょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すると南町へ行って、留守だと云うから本郷通りの古本屋を根気よく一軒一軒まわって歩いて、横文字の本を二三冊買って、それから南町へ行くつもりで三丁目から電車に乗った。
田端日記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
ある日曜日の午後二時ごろ、武は様子を見るべく赤坂区南町の石井をたずねた。のはいらぬ路地の中で、三軒長屋の最端がそれである。中古の建物だから、それほど見苦しくはない。
二老人 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
白菊を手にさげし海軍士官、青山南町より共同墓地に入り来たりぬ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)