“南町奉行所”の読み方と例文
読み方割合
みなみまちぶぎょうしょ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日ざしもまどろむ昼さがり、南町奉行所奥大白州では、今、与力、同心、総立ち合いの大吟味が開かれようとしているのです。
南町奉行所の用命をおびて江戸から出張してきたふたりの上役人は、急に、振分からとり出した女の人相書と、庭向うの小窓によっているお千絵の横顔とを見くらべて
鳴門秘帖:06 鳴門の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
月番南町奉行所でも躍気となって、隠密廻常廻はもとよりのこと、目明し、を駆りもよおし、髪結床、風呂屋、芝居小屋、人集り場、盛り場に抜目なく入り込ませ
平賀源内捕物帳:萩寺の女 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)