“町奉行”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まちぶぎょう60.0%
まちぶぎやう40.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さて、……町奉行白洲を立てて驚いた。召捕つた屑屋を送るには、槍、鉄砲で列をなしたが、奉行役宅突放すとほどの働きもない男だ。
妖魔の辻占 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
それを護送するのは、京都町奉行の配下にいる同心で、この同心は罪人の親類の中で、おも立った一を大阪まで同船させることを許す慣例であった。
高瀬舟 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
享保將軍吉宗公町奉行大岡越前守と御評議あつて或は農工商なるものに仰付けられ追放遠島りに金銀を以て
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ところがれは、町奉行といふ役目つて、くの人々生殺與奪を、るやうになるとち一して、れの思想
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)