“鍋墨”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なべずみ85.7%
なべすみ14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白粉鍋墨、懐中電灯、電池などと資材は集められた。骸骨おどりのすごさを増すために鬼火を二つ出す計画が追加された。
骸骨館 (新字新仮名) / 海野十三(著)
また、ある書に、「灯心に丁字頭立てばなり」「鍋墨に火点ずれば雨晴るる」という。ある人の天気を詠ずる歌に
妖怪学 (新字新仮名) / 井上円了(著)
到底日本人なぞ足許にも寄り付けぬ優れたものだと思っていたが、しかしこの鍋墨のようなこんな汚い色の中にそんな美人があろうかとは、想像にも付きかねることであった。
ナリン殿下への回想 (新字新仮名) / 橘外男(著)