“ナベ”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:なべ
語句割合
炊事夫50.0%
50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
船頭、下船頭が上座にすわり、漁夫がそれにつづき、陸廻し、炊事夫が一番下座だった。漁夫たちはむっつりとふくれた顔をし、案外元気がなかった。
鰊漁場 (新字新仮名) / 島木健作(著)
改めて東北の方の東京人の入りこまない地方の人が釜もって行くようなところへ行って九月一杯までいて、その間にすこしものも書きためようと思います。