“雁鍋”の読み方と例文
読み方割合
がんなべ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
場所山下雁鍋の少し先に、横丁がありまする。明治初年までつてつた、大仏餅餅屋がありました。
そのいくさのあるという上野の山下雁鍋の真後ろの処(今の上野町)に裏屋住まいをしている師匠の知人のことに思い当ったのであります。
それは有名な「雁鍋」である。それから坂本の方へ来ると、或る鳥屋の屋根に大きな雄鶏の突立つた看板がある。
病牀六尺 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)