“雁金”の読み方と例文
読み方割合
かりがね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
雁金が寒く来鳴き、新治の鳥羽の淡海も秋風に白浪立つ頃ともなれば、女は自分が先に立ち奴たちを率いて、裾わの田井に秋田を刈った。
富士 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
場所が場所であるし、赤外線男のさの高い折柄でもあったので、ちに幾野捜査課長、雁金検事、中河予審判事等、係官一行が急行した。
赤外線男 (新字新仮名) / 海野十三(著)
りとはも、雁金可懷ず、牡鹿可哀さず。愛憐め、情懷く。明星と、太白星と、すなはち意氣らす何事ぞ、銃聲あり。
月令十二態 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)