“手鍋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
てなべ71.4%
キャスロオル28.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今しがた、この女が、細道をすれ違った時、に敷いた葉を残したを片手に、く姿に、ふとその手鍋提げた下界の天女のを認めたのである。
小春の狐 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
幾百人かのそれらの移住者の中には「どてら」に脚絆麻裏穿きという風俗のものがあり、手鍋げたものがあり、若い労働者の細君らしい人達まで幾人となくその中に混っていたことを思出した。
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
さればコン吉は、手鍋の中でられる腸詰のごとく、座席の上で転げ廻りながら、ここを先途と蝙蝠傘に獅噛ついている様子。
ジェルメェヌ後家の約束にわず、この八人の悪魔の突撃隊は、毎朝六時に眼を覚まし、真紅になってわめき立て、手鍋をたたき、鬣狗のようにえ、歯ぎしりし、当歳の赤ん坊までが