“いっしょ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
一所42.1%
一緒32.2%
夫婦7.4%
一処5.4%
同時3.0%
同伴2.5%
同棲2.5%
一伴1.0%
一同1.0%
一杵0.5%
一諸0.5%
一途0.5%
合体0.5%
同体0.5%
異口同音0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
祖母さん、一所に越して来ますよ。」当てずッぽに気安めを言うと、「おお、そうかの。」と目皺を深く、ほくほくといた。
二、三羽――十二、三羽 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
とにかくみんなは山男をすぐ食堂案内しました。そして一緒にこしかけました。山男がかけた時椅子はがりがりっと鳴りました。
紫紺染について (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
「あの悪党が、鞭で娘を叩いたり、顔から水をぶっ掛けながら倅と夫婦になって、この家の跡を取れと言うんだ——みんな聴いたよ、目出たい話さ」
目科は威長高に巡査に向い「貴官は拙者ませんか、拙者は目科です、是なる若者は拙者と一処に来たのです」目科の名を
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
忠義無類の花村様、なんで主命を拒絶るものか。謹んでお受けをしたそうだ。正しくはお受けはしたけれどそれと同時に花村様は一つ条件を出されたそうだ。条件というのは他でもない。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
していたばかりに、今晩与茂七さんに逢うて、同伴に来る道で、与茂七さんにはぐれたから、それを探しに
南北の東海道四谷怪談 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
其の伊右衛門は同じ家中四谷左門の娘のおとなれあいで同棲になっていたが、主家の金を横領したので、お岩が妊娠しているにもかかわらず、左門のために二人の仲をさかれていた。
南北の東海道四谷怪談 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
その上助手の杉田も一伴だのに、二人ながら居ないとすればきっと、この附近に逃れておらるるだろう。
月世界競争探検 (新字新仮名) / 押川春浪(著)
皆様一同にアッと御驚き遊ばすものを近い内に御覧に入れます。
白髪小僧 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
が、その宙を踏んで飛舞する容子は、今しも摩利信乃法師の脳上へ、一杵を加えるかと思うほど、神威を帯びて居ったのでございます。
邪宗門 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
さあ大変だあたし字なんか書けないわとひなげしどもがみんな一諸に思ったとき悪魔のお医者はもう持って来たから印刷にした証書を沢山出しました。そして笑って云いました。
ひのきとひなげし (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
折から草木を烈しくッて野分の風が吹いて来た。野原の急な風……それはなかなか想像のほかで、見る間に草の茎や木の小枝が砂と一途にさながら鳥の飛ぶように幾万となく飛び立ッた。
武蔵野 (新字新仮名) / 山田美妙(著)
「御領主だって、ちょっとやそっとの牢人なら召捕るでしょうが——河内、大和、紀州の牢人が合体になったら、御領主よりゃあ強いでしょう」
宮本武蔵:03 水の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「やっぱり坊さんの云ったことが真箇だったのか、飛んでもない、こんな首を持っていたら、どんな祟りを受けるか判らぬ。せめてこれを体と同体にしてやって、祟りのないようにしてもらおう」
轆轤首 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
若子さんと私が異口同音に斯う云って、云合せた様に其処を去ろうとしますと、先刻入口の処で見掛けた彼の可哀相な女の人が、其処に来合せたのでした。
昇降場 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)