“摩利信乃法師”の読み方と例文
読み方割合
まりしのほうし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
危くつき当りそうになった摩利信乃法師は、咄嗟に身をしましたが、なぜかそこに足を止めて、じっと平太夫の姿を見守りました。
邪宗門 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
が、その宙を踏んで飛舞する容子は、今しも摩利信乃法師の脳上へ、一杵を加えるかと思うほど、神威を帯びて居ったのでございます。
邪宗門 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
と申しますのは、まず第一に摩利信乃法師が、あの怪しげな陀羅尼の力で、瞬く暇に多くの病者をした事でございます。
邪宗門 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)