“摩利支天隠形法”の読み方と例文
読み方割合
まりしてんおんぎょうほう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「高野春秋」によれば、その折、一山はまったく協力同心して、一心不乱に“摩利支天隠形法”を修していたものといわれている。
私本太平記:07 千早帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)