月世界競争探検げっせかいきょうそうたんけん
博士捜索隊の出発 明治四十年十月十日の東京新聞は、いずれを見てもまず読者の目を惹いたのは、一号活字で「恋の競争飛行船の月界探検」と表題をだし、本文にも二号沢山の次のごとき、空前の記事であった。 「今より凡そ半年以前即ち今年五月一日を以て、東 …
作品に特徴的な語句
あきらか くらがり 燃料もえぐさ あな 其後それから しっか まがい いだ から 徐々しずしず 配慮きづか 必然てっきり 失念しま 瞻視みつめ ねら 忽々そこそこ しゃく 確然しっかり 独言つぶや 吸筒すいとう 出発 先方むこう 指先ゆびさ 絶命ことき 逆捻さかねじ 二箇ふたり かね あかり わざ ほだ 取遣とりやり うめ くら へだた あて まなこ しま 黒白あやめ 突然いきなり もてあそ 一伴いっしょ 黙頭うなず 首途かどで 革鞄かばん 老爺おやじ 雪崩なだれ へさき 落胆がっかり 表題みだし つまず 道理もっとも とどろ おの 一個ひとつ 下僕しもべ 云々うんぬん 亡骸なきがら たお およ おろ マイル 在処ありか 大鷲おおわし 天幕テント 奸佞かんねい 矢庭やにわ かす 急々せかせか 性質たち 悉皆しっかい 態々わざわざ たし 手布ハンケチ 把手ハンドル 月子つきこ よう 洋火ランプ 洋燈ランプ