“指先”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ゆびさき95.2%
ゆびさ4.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ごと喧嘩をしてめてやるのだが隨分おもしろいよとしながら、鐵網をのせて、おゝ熱々指先いてかゝりぬ。
わかれ道 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
しかし、あまりしいので、つかまえるがにぶったか、指先が、にふれんとした瞬間は、おどろいてちました。
心の芽 (新字新仮名) / 小川未明(著)
指先す方を見ると十町ばかり向うの山の麓に一個の洞穴がある。
月世界競争探検 (新字新仮名) / 押川春浪(著)