花ごもりはなごもり
本郷の何處とやら、丸山か片町か、柳さくら垣根つゞきの物しづかなる處に、廣からねども清げに住なしたる宿あり、當主は瀬川與之助とて、こぞの秋山の手の去る法學校を卒業して、今は其處の出版部とやら編輯局とやらに、月給なにほど成るらん、靜かに青雲の曉 …
作品に特徴的な語句
ひと 東京みやこ 命令さしづ そなた いひ 彼方あち 絹布やはらか 卑賤さも 可哀かわゆ はした 悉皆みな 想像おもひ 卑劣さも 失敗しつぱい かは 此方こち すが 重大おほき るゐ なく 如何どう 平常つね 念慮おもひ これ 斷念おもひきり きた 眞向まつかふ 通常なみ あが びと 其話それ 可怪をか 同志どし 命令いひつけ 婦女をんな 惡臭にほひ 斷念あきらめ 春色けしき 書物ほん 氣色きしよく 深淵ふかみ もと ふゑ 群雀むらすゞめ 良人つま 衆人ひと 表面おもて 銀河あまのがは 飯粒いひぼ 事故ことゆゑ 决然きつぱり 同心ひとつ 多數おほく ひと 將來ゆくすゑ 對手あいて 小豆あづき 年來としごろ のち 情實こゝろ 斷然きつ 柔順おとな ほのほ 親族みより 身邊あたり 默然だんまり 不憫ふびん 事情わけ 他人ひと 何時いつ そば 先方さき 决定さだまり 初春はる 參館あがり いな 基本どだい 如何いか まご 學識ものしり 尺度ものさし 左樣さう 差手さしで 弱年としわか 律義りちぎ