“孃”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
ぢやう44.4%
じやう18.5%
じよう11.1%
いと3.7%
ぢゃう3.7%
3.7%
じょ3.7%
ぢよう3.7%
とう3.7%
ひめ3.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし、御安心さい。——跣足歩行は、都會ちやんやさんが吃驚なさるやうな、いものでないだけは取柄です。
雪霊記事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
れてられるみもなしマアどのしからうとらぬながら苦勞ぞかしとて流石へばテモさまは
五月雨 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
かけきしにてもふがしき事義りぬさまの御恩泰山きもかはよしや蒼海
五月雨 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
抱起して「これ、俯向轉倒ばしゃったな? 一段怜悧者にならッしゃると、仰向轉倒ばっしゃらう、なァ、?」とふとな
乳母 はて、お母御樣内室さまぢゃがな、よいおで、御發明な、御貞節な。わしは、貴下してござらしゃったさまをてました。
お辰いよ/\眞面目に、弟子は子もおなじなれば我が身も可愛きあのおの爲、早くらちのあかせましたけれど、それは一筋、お前さまのお情實も汲まぬでは御座んせぬ
花ごもり (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
昨日あの『っちゃん』を連れて行った先の首尾を手短かに問い訊してから、マリヤ・スィソエヴナはすぐさまパーヴロヴィチの行状に話題をむけた。
母親しき笑顏をしててばりませう、いつでもりのまゝ友達とも喧嘩しませうな、眞實やりれぬさまではあるとてかへるに、美登利はいつか小座敷蒲團抱卷持出でゝ
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
此方へ來やはつてから、何んぼにもならんや、そいでも三四年してからやつたかなア、やんが生れてき死にやはつて、奧さんが墓參りに行きやはると、何んでも寒い時で
天満宮 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
此君にあたるあるまじとえけるが、とは隨一よしにて、ごとにも中姉樣れば、もとよりやさしきの、これは一段可愛がりて、さびしきなど
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)