“ぢやう”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヂヤウ
語句割合
26.7%
20.0%
14.4%
13.3%
8.9%
5.6%
3.3%
2.2%
1.1%
1.1%
手錠1.1%
1.1%
1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その證據は、開けるには何うやら開けましたが、あとを閉める工夫が付かないので、金箱はそのまゝをおろさずにあります
前日るゝ飴色小蝦を、ちよろ/\とつた——真黒蠑螈ながら、こゝにんぬる。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
まして「えけれしや」への出入りには、髪かたちを美しうして、「ろおれんぞ」のゐる方へ眼づかひをするがであつた。
奉教人の死 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
もぬけのなりアナヤとばかりかへして枕元行燈有明のかげふつとえて乳母あわたゞしくさまがさまが。
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
主人公は一の夢に至る迄、何か天下を驚かす様な内容でなければ気が済まないのだとしか解釈出来ない。
『煤煙』の序 (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
あれは。近「絵草紙だよ。梅「へえゝ綺麗なもんですな、て見ちやアりませんが、此間池田さんのおさまが、だとしやいましたがりませんでした。 ...
心眼 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
寝台の下にはあらず。)金庫は開きありて、鍵はの孔に差したる儘なり。金庫内には古き手紙若干と余り重要とも見えざる書類とあるのみ。
は当時家中えし美人なりしが、女心思詰めて一途に家を明渡すが口惜く、永世此処まりて、外へはでじと、居間に閉籠り、内よりせしは、如何かしけむ
妖怪年代記 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
の手は眼にもとまらず引くと見せ打つと返すと十方無礙なり
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
天地に構ふるの音無きはただ水のごとし無念無想の型
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
友はわが爲めに説きていふ、この福島町に於ける盆踊のなるは到底のさまなどにては想像にだも及ばぬことなり。
秋の岐蘇路 (旧字旧仮名) / 田山花袋(著)
以て申立る條勘太郎同意と思はれる因て手錠申付ると勘兵衞に手錠を掛られて呼出すとて皆々白洲を下られけりば勘兵衞は兩人をけるを權三助十は冷笑ひ其許は商賣出精爲者には店立を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
山田書斎は八でしたが、相対ゑて、北向武者窓薄暗立籠つて、毎日文学の話です、二人べてるから石橋く訪ねて来る
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
案の大工町ぢやつた。貴様は本町へ行く位の金銭は持つまいもんナ。……ハハア、軍隊なら営倉ぢや。
葬列 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)