奉教人の死ほうきょうにんのし
たとひ三百歳の齢を保ち、楽しみ身に余ると云ふとも、未来永々の果しなき楽しみに比ぶれば、夢幻の如し。 —慶長訳 Guia do Pecador— 善の道に立ち入りたらん人は、御教にこもる不可思議の甘味を覚ゆべし。 —慶長訳 Imitation …
作品に特徴的な語句
ならはし 機会しほ かうべ ぢやう あらは 青玉あをだま おのづか かたじけな かかは つかま いだ ことごとく いつく そびら 寂寞じやくまく さいはひ うたがひ くう ことば うづくま 道理ことわり いかづち あらは 一定いちぢやう あは にはか みごも 尋常よのつね おろか いきどほ きく あへ いまだ あふ むらが 葡萄えび たぐひ よはひ 乞食こつじき 云爾しかいふ ふたたび すさま たけ 喇叭らつぱ あへ あま 女子をなご おとと 御教みをしへ たちまち おぼ 性得しやうとく 悄々すごすご 所謂いはゆる ひし はら うつばり 水沫みなわ みだら つばくろ なほ 眉目みめ くら むつま まが 素性すじやう はぎ けだ ころも なじ ひざまづ ともがら さへぎ 雅馴がじゆん すこぶる うなづ うなじ ひと 一年ひととせ 一言ひとこと 一間ひとま 三昧ざんまい ぬし 人気ひとけ たたず 健気けなげ こがらし 刹那せつな 半空なかぞら とが むせ ただ