“じやう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
50.0%
9.1%
8.0%
6.8%
5.7%
3.4%
3.4%
滋養2.3%
2.3%
1.1%
1.1%
1.1%
1.1%
1.1%
1.1%
1.1%
1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
らせとでもいふものであらうかと、つたが、此時はたゞ離別さこそとるばかりで、打點頭
牧之らく、鎮守府将軍平の惟茂四代の后胤奥山太郎の孫の鬼九郎資国嫡男城の太郎資長の代まで越後高田の鳥坂山に城をへ一国にひしが
買に來りし者が落して參りし故取置ましたと言にぞ早速取寄て見改めたるに内々御詮議の品に相違なく因て送りめ九助を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
それから豊前太夫ました。富本るりにましたので、長唄出囃ります。岩「成程これはえらい、ぢやア見にきませう。 ...
明治の地獄 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
銘酒白鶴を、白鶴み、いろをいろむ。娘盛娘盛だと、おさんのおにきこえる。
寸情風土記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
櫻木大佐等は二十四夜半電光艇じて、本島れ、翌日拂曉には、橄欖島島蔭到着する約束
其後田常簡公すにんで、高子國子す。曾孫りて(三三)自立し、威王る。ふ、穰苴(三四)へり。
以上……滋養灌腸なぞは、絶対ひますから、湯水らないくらゐですのに、意識明瞭で、今朝午前引取りました一寸前にも、種々細々と、をのせてをしまして。
続銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
と間もなく外から扉にを下す音が、ピーンとひゞいて來た。
天国の記録 (旧字旧仮名) / 下村千秋(著)
爪長く、さは七乃至二三いの巨鳥が、天日くなるしくをなして、輕氣球目懸けて、つてたのである。
さは直徑三十ヤードさはか一にもらぬだから、鐵檻車屋根つたら、飛出出來るやうだが、にもつた擂盆をなした四邊細微なる
其他阿片にしろ大麻にしろ何れも麻酔作用を有するものであつて、大麻のきは古来印度の僧侶が「」に入るときに用ひたものである。
毒と迷信 (新字旧仮名) / 小酒井不木(著)
話は少しれるがに探偵小説を論ずるときに必要であるから「」に入ることに就てに少しく述べて置かう。
毒と迷信 (新字旧仮名) / 小酒井不木(著)
くるをて人夫はとをへ、渓流り飯を炊煑してる、一行めてたし、勢にじて山をり、三長沢支流をる、此河は利根の本源とど長をくし
利根水源探検紀行 (新字旧仮名) / 渡辺千吉郎(著)
凡夫を捨つべく、聖道は取るべしと存せば、則ち分別をず。ぞ宴と為すことを得ん。この句は凡聖の二境をしくすることはざるをするなり。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
かるゝまゝに入込んだのは、階上南端一室で、十いの部室中央には圓形のテーブルがへられ、卓上には、地球儀磁石配置され
り取しに相違無し言譯なさに此打擲りめ/\奸賊めと大音れば長庵増々りを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
してくにも、も、どんな安心ならず……をさせば、此處大事つてあると吹聽するも同一ります。
艶書 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)