“呉起”の読み方と例文
読み方割合
ごき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
呉起て、さんとし、其妻し、せざるをかにす。となす。としてめ、る。
呉起を討ち五城を抜かんとして出征した陣中での事。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
武侯の中流呉起が立策
大菩薩峠:41 椰子林の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)