“其妻”の読み方と例文
読み方割合
そのつま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
呉起て、さんとし、其妻し、せざるをかにす。となす。としてめ、る。
舍弟十兵衞をにて殺害し同人の娘を賣りし身の代金五十兩を奪ひ其妻を三次と云る同氣むる惡漢ね淺草の中田圃にて殺害させ其上伊勢屋五兵衞の養子千太郎に小夜衣
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
にしてる、其妻らんとふ。其故ふ。