艶書えんしょ
「あゝもし、一寸。」 「は、私……でございますか。」 電車を赤十字病院下で下りて、向うへ大溝について、岬なりに路を畝つて、あれから病院へ行くのに坂がある。あの坂の上り口の所で、上から來た男が、上つて行く中年増の媚かしいのと行違つて、上と下へ …
作品に特徴的な語句
むづ はした じやう かへり どめ くわツ にほ あせ あひ あま いたは しめり うらゝか 一端ひとはし 微笑びせう つゝ たつ せはし うつす ほつそ おほき ステツキ くね とほり ぢつ きは ゑみ がは つく 微笑ほゝゑみ 仰向あをむ 矢張やつぱ 彼方あつち うづまき なゝ かをり 追掛おひか うへ 突込つゝこ 可哀あはれ から ちやん 寂然ひつそり かへ ぐる いゝえ やはら まへ はぢ 引掛ひつかゝ 一寸ちよいと ゐのしゝ すゞ 矢張やつぱり 失敗しつぱい 人通ひとゞほ おほ 苦笑にがわらひ いち 費消つかひ にじ 此方こつち かう 待合まちあ 音響ひゞき あふ ことな 翡翠かはせみ 可笑をかし そつ 退さが ごく わざ はう きふ 眞個ほんと 追掛おつか いへ とほ あひだ かつ 一分いつぷん ならひ やつ 大輪おほりん 一層いつそ 身繕みづくろひ 莞爾につこり