“こえ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:コエ
語句割合
80.8%
5.9%
肥料2.5%
2.3%
声音1.4%
1.1%
0.9%
0.7%
廐肥0.5%
0.5%
大儀0.2%
一声0.2%
0.2%
低声0.2%
合唱0.2%
吼声0.2%
喉声0.2%
声色0.2%
0.2%
渡渉0.2%
0.2%
祈祷0.2%
0.2%
肥満0.2%
0.2%
音声0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あるのこと、は、へいつものごとくってゆきました。すると一のかわいらしい小鳥が、いいいていました。
ふるさとの林の歌 (新字新仮名) / 小川未明(著)
ねかへさうとすれば、きなえたが、澤庵漬のやうに細つこいあたしの上に乘つて、ピシヤンコにつぶしてしまふ。
お灸 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
老夫人と差向いの時に「お日和がこう続いては麦の肥料が利くまいのう」とか、「悪い時に風が出たなあ。非道うならにゃえが」
梅津只円翁伝 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
熊本県の南部でケサカケ、嶺をて宮崎県の西隅でもケサバナというのは、やはり同じように折って首に掛ける風があったからと思う。
「ハハハハハハ、お前はとうとう本音を吐いたね」廣介の声音は、いやに落ちついていましたが、どこか自暴自棄の調子を隠すことは出来ませんでした。
パノラマ島綺譚 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
ベンジャミン・ガンがえんで、みんなあの山の上へ逃げちまったよ。ああ! そこにはばかがある。
救助むるは、まじき怒濤打交つて、地獄光景もかくやとはるゝばかり。
前編たる三国嶺は、牧之老人が草画て京山私儲満山松樹り。越遊の時三国嶺をしに此嶺はさらなり、前後の連岳すべて松を見ず。此地にかぎらず越後は松のき国なり。
二人はに雪をつゝ(雪にあゆむを里言にこぐといふ)をかけてあひじてけるに、商人農夫にいふやう、今日の晴天に柏崎までは何ともおもはざりしゆゑ弁当をもたず
大儀えにもよそら、そんでもりやくやんな、以前に三らせちや出來なくなるつちつただ」
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
つちや逆旋毛てるてえでりつけねえぢやなんぼ大儀えかよなあ、そんだがぢや、れよりえつだなんておとつゝあにやはれんのよ
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
黄金の鈴を振るごとく、ただ一声、コロリン、と琴が響いた。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「ああ、とおしてあげる。」と、いって、ちゃんは、材木をかけながらヨシさんのってきた、を、自分くて、りました。
左ぎっちょの正ちゃん (新字新仮名) / 小川未明(著)
膝を掴む大次郎の手が、悲憤の思い出にわなわなと打ちふるえるのを、法外は温みのもった、だが、きっとした低声
煩悩秘文書 (新字新仮名) / 林不忘(著)
間もなく彼らの立ち去った方から読経の合唱が聞こえて来た。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
その吼声と、風のりと、樹々を打つ雨の音を聞くと、静かな内部が一しお暖かそうに思われ、そこにじっとしている婦人の姿が、何となく懐かしい感じをさえも与えるのであった。
犬舎 (新字新仮名) / モーリス・ルヴェル(著)
「ああ、……ああ、……」おかやの口を衝いて、唖者に独特の哀しい喉声が洩れた。
日本婦道記:二十三年 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
といった声は、正しく女の声で、黒吉の鼓膜に残っている声色であった。
夢鬼 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
もし父親が、こんなに、をこいでってこられたなら、方角もわからないので、どんなにか難儀をなされるだろうと、こうえると、はもはや
ろうそくと貝がら (新字新仮名) / 小川未明(著)
河はもうこの一降りで水量を増していた。濁流が瀬の石に白い泡を噛んでいる。五条まで下がれば橋はあるが、範宴は浅瀬を見まわしてそこを渡渉て行こうとする。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
去年にや味噌くつちんでえたつたんだな、れもめねえから味噌なくつちややうねえな
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
それほど祈祷神々しく武者之助の一団にも聞こえて来た。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
この内の価五十貫江戸へ船賃二両二分運賃四十貫を引き、全く二十八貫七百五十文が得分なり。ただしこの五段の内三段へ麦を作り六斛ばかりも得べし。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
また思ふ、柑子愛想よき肥満たる主婦
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
ここには鳥の、散る花などの印象が、単に暦の知識という以上に複雑な連想によって、屈曲されつつ現わされている。
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
彼は相変らず弱々しい体躯を凭椅子に埋めて新聞を読んでいたが、音声だけはいつものように元気だった。
日蔭の街 (新字新仮名) / 松本泰(著)