“三国嶺”の読み方と例文
読み方割合
みくにたふげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三国嶺より北へつゞく二居の人(たふげあるところ也)の鹿おひしたるをきゝしに、いざ鹿おひにゆかんとてかたらひあはせ
前編たる三国嶺は、牧之老人が草画て京山私儲満山松樹り。越遊の時三国嶺をしに此嶺はさらなり、前後の連岳すべて松を見ず。此地にかぎらず越後は松のき国なり。
百樹曰、余丁酉の年の晩夏豚児京水をて北越にし時、三国嶺しは六月十五日なりしに、谷のに鶯をきゝて