“三国峠”の読み方と例文
読み方割合
みくにとうげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
五昼夜もかかって三国峠を越え、ようやく上州路へ辿りつくのだったが、時には暗夜に樵夫の野宿しているのに出逢い、年少の彼女は胸をかせた。
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
越後から清水越えか、或いは三国峠をよじて上州の沼田へ出たであろうと想像され、そうして碓氷を越え
大菩薩峠:35 胆吹の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
三国峠へ差しかゝりました文治と妻お町の二人連れ
後の業平文治 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)