“貴孃”のいろいろな読み方と例文
新字:貴嬢
読み方(ふりがな)割合
あなた71.4%
きぢやう14.3%
こなた14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“貴孃”を含む作品のジャンル比率
文学 > 英米文学 > 戯曲50.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
うして貴孃あなたのおくちびるで、わたしつみこのくちびるからきよめられ、ぬぐはれました。
をとこはうすさびしきかほみをうかべて貴孃あなたといふことりませぬので
十三夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「車屋に持たせて來たのぢやが、僕は無論ほかに女がある、貴孃きぢやうにその中へ這入られては邪魔だ。僕から要求した金も、他で工面するから、入らないと書いてやつた。女といふ奴はいやなもんぢや、もう、燒いて來たのぢや。」
泡鳴五部作:03 放浪 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
ほんに/\、こんどのお配偶つれあひこそ貴孃こなたのお幸福しあはせであらうぞ、まへのよりはずっとましぢゃ。
よしうでないにせい、まへのは最早もう絶滅だめぢゃ、いや、絶滅だめ同樣どうやうぢゃ、はなれてんでござって、貴孃こなたのまゝにならぬによって。