“ひめ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヒメ
語句割合
71.1%
12.0%
秘蔵2.4%
令孃1.2%
比賣1.2%
1.2%
嫦娥1.2%
1.2%
愛姫1.2%
日女1.2%
日賣1.2%
比売1.2%
比女1.2%
1.2%
麗姫1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
するとこのおかあさんは、しいじのい人だったものですから、おさまのために自分がしかられたのをそうくやしがりました。
一寸法師 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
さまのところへつて、ものをいひにくと、いすけよりは、おほくめののさいてあるのにがつかれて、をうたひかけられました。
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
唯一筋の唐七糸帯は、お屋敷奉公せし叔母が紀念と大切に秘蔵たれど何か厭はむ手放すを、と何やら彼やら有たけ出してに包ませ、夫の帰らぬ其中と櫛も手ばしこく小箱に纏めて
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
其顏不審げにぎて、姉樣人形さるか、げまするとかに令孃甚之助しくあがつて、つたつた。
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
翠色したヽるにまじりて紅葉のあるおへば、のはしとヾろくばかり、るはのみならで、一重ばるヽ令孃美色
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
ここに天若日子、その國に降り到りて、すなはち大國主の神の女下照比賣ひ、またその國を獲むとひて、八年に至るまで復奏まをさざりき。
かれこの大國主の神、胷形奧津宮にます神、多紀理毘賣の命ひて生みませる子、阿遲鉏高日子根の神。次に妹高比賣の命。またの名は下光比賣の命
ふた親は常ににいって聴した。「東国では、あなたが、あの偉大な山の祖慫神さまの一番の孫なのですよ」
富士 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
は、幼いときから、礼儀作法を仕込まれた。女のみになる遊芸の道も仕込まれた。しかし最もけに重きを置かれたのは生活の調度の道だったことは、ふた親の性格からして見易き道理であった。
富士 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
此君にあたるあるまじとえけるが、とは隨一よしにて、ごとにも中姉樣れば、もとよりやさしきの、これは一段可愛がりて、さびしきなど
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
ローラなどはロミオが愛姫べては山出しの下婢ぢゃ、もっとも、だけはローラがかに上等のをってうた。
またある時、天皇豐のしたまはむとして、日女に幸でましし時に、その島に生みたり。ここに建内の宿禰の命を召して、歌もちて、雁の卵生める状を問はしたまひき。その御歌
この天皇、葛城曾都毘古が女、日賣の命大后にひて、生みませる御子、大江の伊耶本和氣の命、次に墨江、次に水齒別の命、次に男淺津間若子の宿禰の命四柱。
天皇が大命に坐せ、恐き鹿嶋に坐す健御賀豆智ノ命、香取に坐す伊波比主ノ命、枚岡に坐す天之子八根ノ命、比売神、四柱の皇神等の広前に白さく。
山の今昔 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
こう云いかけて、権之丞という男は、ふと気がついたらしく、「ああこれは、御無礼を申上げました、お取次ぎを願いたいのは、比女さまでございます」
山彦乙女 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
時の流れのようにやかに流れて行くばかり……五十尺……百尺……二百尺……三百尺…………。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
旅役者、歌の巡礼、麗姫
第二邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)