“麗姫”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひめ33.3%
りき33.3%
れいき33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
旅役者、歌の巡礼、麗姫
第二邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
むかし武帝壽陽麗姫庭園するりて一片る。またふべきものなかりしより、當時宮女つて輕粉白梅く、して梅花粧ふ。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)