“下照”の読み方と例文
読み方割合
したて100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ここに天若日子、その國に降り到りて、すなはち大國主の神の女下照比賣ひ、またその國を獲むとひて、八年に至るまで復奏まをさざりき。
青きまで下照らす柿の葉ごみに風とどまりぬ
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
しかるに天若日子はその國に降りついて大國主の命の下照を妻とし、またその國を獲ようと思つて、八年たつても御返事申し上げませんでした。