“下階”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
した100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“下階”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.3%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
うへへかけるのが三枚さんまいといふ贅澤ぜいたくで、下階した六疊ろくでふ一杯いつぱいつて
火の用心の事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
下階した部屋へや小窓こまど頬杖ほゝづゑをついてると、まへにはで、牡鷄をんどりがけたゝましく
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)