“した”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:シタ
語句割合
40.5%
階下21.2%
10.6%
8.0%
7.6%
2.1%
下階1.0%
仕立0.8%
0.5%
下方0.4%
0.4%
下心0.3%
仕度0.3%
0.3%
0.3%
為立0.3%
0.3%
0.3%
下部0.2%
年少0.2%
0.2%
地面0.2%
0.2%
下界0.1%
下層0.1%
下端0.1%
下級0.1%
地下0.1%
0.1%
樹下0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
下室0.1%
下職人0.1%
0.1%
爲立0.1%
部下0.1%
配下0.1%
下壇0.1%
0.1%
仕足0.1%
台下0.1%
叱咜0.1%
地上0.1%
0.1%
屋下0.1%
帳場0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
楼下0.1%
0.1%
為度0.1%
0.1%
眼下0.1%
紅舌0.1%
耳順0.1%
0.1%
親密0.1%
0.1%
閂下0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もうっかりしのや、台所をあさりに出ると、やみに目がっていて、どんな目にあうかからなくなりました。
猫の草紙 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
死骸を見付けたのは、階下に寢てゐた息子の專之助さんで、父親がいつになく遲いので、中二階を覗いて見るとあの騷ぎでございます
つにつてたお卯平うて確乎めたのはそれからもないことである。何時にか消滅した。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
いよいよ、お妃さまがにしばりつけられました。火がはやくも赤いをチョロチョロさせて、お妃さまの着物をなめはじめました。
そればかりでなく、近頃はお萬としくなつて行くのを見て、お縫はそれが怨めしさに、死んで思ひ知らせようとしたに違ひあるまい
青鬼のようになった三好の両眼が、酸漿のように真赤になった……と思ううちに鼻の穴と、唇の両端から血がポタポタとたり出した。
オンチ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
手欄より下階きて声を張上げ店番を呼立たり。
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
学問てることはいもよらないので、せめてりっぱな子供んで、その子を先祖けないえらい学者仕立てたいとちました。
葛の葉狐 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
飯には三本のお酒の注文があり、その他に餅菓子の注文もした。名所絵葉書十枚、巻紙封筒をも取寄せて両人はしきりに書面をためていた。
芳川鎌子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
んで船室つた。昇降口のほとり、出逢ひがしらに、下方からつてたのは、夫人少年とであつた。
都内に移し撃たしむるに声出ず、本寺に帰せば声のごとし、士人磬神聖にして、光政寺をうとしたとある。
追ひ下心はさもあれやいふは皆うやうやし聞きのよろしさ
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
好きは好きだったが、しかし友人の誰彼のように、今直ぐ其真似は仕度くない。も少し先の事にしたい。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
父親は傍に立って見ていたが、おのれ、おれの伜をどうすると叫ぶなり、杵をふるってたかに男の頭を打った。
ボニン島物語 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
双手にわらんべをかい抱いて、日頃の如く肩へのせると、例の太杖をてうとついて、岸べの青蘆を押し分けながら、嵐に狂ふ夜河の中へ、胆太くもざんぶと身をいた。
きりしとほろ上人伝 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
そういう仏典の新しい語感を持った言葉を以て、一首を為立て、堅苦しい程に緊密な声調を以て終始しているのに、此一首の佳い点があるだろう。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
さりとてれにもがひがたきを、としてにとせば松野ひもめ、竹村潔白をもされん、何方にまれくき一人あらば、くまではなやまじを
たま襻 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
がつてやかましくもあらうむづかしくもあろうそれを機嫌の好い様にととのへて行くが妻の役、表面には見えねど世間の奥様といふ人達のれも面白くをかしき中ばかりは有るまじ
十三夜 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
また甲板下部には數門大砲等搭載るのではあるまいか、船脚尋常ならずんでえる。
姉妹が世話する叔父さんの子供は二人とも男の児で、年少の方はちやんと言つて、六歳の悪戯盛りであつた。
出発 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
けれども、もと/\たない、がつて發展のしやうのない問題だから、いくらへても何處からも出來なかつた。さうして、すぐへるのがになつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
言いながら、与の公、手のつつみを地面へおろして、鬱金のふろしきをといた。出てきたのは、時代がついて黒く光っている桐の箱だ。そのふたを取って、いよいよ壺を取り出す。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
其処で僕は最早進んで僕の希望るどころではありません。たゞこれこれがうだけのことを手短かに答えて父の部屋を出てしまいました。
運命論者 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
二人は抱き合ったまま流星のように早く、下界の方へ落ちて行きました。
オシャベリ姫 (新字新仮名) / 夢野久作かぐつちみどり(著)
その上、せた唇の下端には、が今にも落ちそうにえている。
俊寛 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
強請押借というようなことが、思うように効果があがらなくなったのと、いうところの下剋上——下級の者すなわち貧民達が、上流の者を凌ぎ侵しても、昔のようには非難されず
弓道中祖伝 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
桃の花片そこに散る、貝に真珠の心があって、う風情かな。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
樹下に居た奴等は一同逃げ出したが、僕は仕方が無いから黙ツて居た。
漂泊 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
さてそのひょうたんの酒をきれいにんでしまってからその男は語りつぐのであった。
蘆刈 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
しとしとと雫ぞむ。
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
縁續きのものだけに、益々つてぢられてはかしい。……しろ此處してはらぬで。下室つてつてよう。が、つむじりぢや、つてつてぬともらぬ。
人参 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
戸外いから、二階つた手代にもよくえる。下室で、言葉した、とふと、怒鳴る、く、は、どた/\の取組合何處へなだれつたやら、がらん、がらゝんと
人参 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
む、む!、永い事ァ厄介かけたねえ、なんの一年ばかし面倒見といてくんねえ。銀も男だ、今更他人下職人は働かねえが、ちつとばかし目論見があるんだ。そのうち訪ねて行つた時の姿を
もつれ糸 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
母子二人倒死するまでも、腹の中をからにして往生するにもしろ、以前、我が家のつた頃、台所から這ひずつて来て、親父の指の先に転がされて働いた奴等の下職人とはなつて、溝板修覆しや
もつれ糸 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
唯濹東の裏町、蚊のわめく溝際の家でしんだばかり。一たび別れてしまえば生涯相逢うべき機会も手段もない間柄である。
濹東綺譚 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
青春のころしんだ女達の姿やその住居のさまをありありと目の前に思浮べる。
濹東綺譚 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
それはいことで、この歌人のゐた時分のことではないが、ではかういふふうに、現代いものに爲立てゝることもあつたのです。
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
これはちょっとると、いかにも紫陽花樣子やかにしてあるようにえますが、紫陽花つたのでなく、見慣れてゐる模樣空想べて、しく爲立てたにぎません。
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
が、平生は至つて口少なな、常に鷹揚に構へて、部下の者の欠点は随分手酷くやツつけるけれども、滅多に煽動る事のない人であつた。
菊池君 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
言語のみでなく、凡ての事が然う云つた調子で、随つて何日でも議論一つ出る事なく、平和で、無事で、波風の立つ日が無いと共に、部下の者に抑圧はあるけれど、自由の空気がとも吹かぬ。
菊池君 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
その婦人は「あなたの国はシナ皇帝の配下ではないか。しからばシナ皇帝の命令状を持って来た者は必ずここを通さなくちゃあならん訳ではないか」
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
もちろん我が国はシナ皇帝の配下であるけれどもすべての事をシナ皇帝から命令を受けない。殊にこの
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
君! 軌道と軌道の接続点におおよそ二分ばかりの間隙があるだろう、この間下壇の待合室で、あの工夫のに聞いたら一にあれがおよそ五十ばかりあるとね
駅夫日記 (新字新仮名) / 白柳秀湖(著)
(八) 子曰く、君子からざれば則ち威あらず、学べば則ちならず。忠信(の人)にしみ、己れにかざるを友とすることなかれ、てば則ち改むるにることなかれ。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
柚子が仕足らぬことをたくさん残して、死んだことを口惜しく思う一面に、この世の穢れに染まずに、たとえば春の雪のようにも、清くはかなく消えてしまったことに
春雪 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
ところがそのうち石像の台下で鳴声がするというので、村の青年達が掘り返してみると田鼠が沢山を産んでいました。これを聞いて結婚した夫婦たちはどんな顔をしたでしょう。
仏教人生読本 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
いづれもしさうにして、近付いてるのを、退けるやうにして、天滿與力きにへ、雪駄んだ。途端玄竹はいつにないのやうに高聲で、叱咜した。
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
腕だめしを見せましょうか——そうさねえ、雪さん、ついお前さんのうしろの、何の木だか、細い幹、あの木の地上から五尺ばかりに見えている、枝を払ったあとの
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
満袖啼痕血痕に和す 冥途敢て忘れん阿郎の恩を 宝刀を掣将つて非命をす 霊珠を弾了して宿冤を報ず 幾幅の羅裙て蝶に化す 一牀繍被籠鴛ふ 庚申山下無情の土 佳人未死の魂を埋却す
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
安重根 屋下へ降りて、もう一度最後にあの変装をして鏡に映してみようと思って——。
「どう遊ばしたんだろうね?」と障子をあけてに入りながら「なら帳場へそう言って、お迎人をね」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
を掃きながら大抵いつでも獨言をいつてる下男がゐるの、それの口裏から推量したんだけれど、どうやら近いうちに御婚禮がありさうだわ——何しろ旦那さまは常々
狂人日記 (旧字旧仮名) / ニコライ・ゴーゴリ(著)
ときて取出せば一尋あまりにのあやもなく、有難數々なき山々ふ、ふ、れがたし、此等文字縱横らして
軒もる月 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
と見て倉子はしく「プラトやこれ」と制するに犬はち鎮りて寝台のに退けり
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
小歌をと思切って言うかぬに、はいと婢は畏まって楼下へ降行き、小歌さんをと高く呼んで、そして低声に気のつまる方と朋輩に囁いて居た。
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
懐古欽英風(へをひて英風をふ)
大菩薩峠:27 鈴慕の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
ても耳の底に残るようにかしい声、目の奥にまるほどにしい顔をば「さようならば」の一言で聞き捨て、見捨て、さて陣鉦や太鼓にき立てられて修羅へ出かければ
武蔵野 (新字新仮名) / 山田美妙(著)
唯七は、笑いながら、しきりに眼下の往還を指さしている。
口笛を吹く武士 (新字新仮名) / 林不忘(著)
洞中秘密造船所では、海底戰鬪艇でも、でも、鎔鐵爐冶金爐等から㷔々熱火魔神紅舌のごとく、おろす大鐵槌は、寂寞たる洞窟鳴動して
六十にして耳順がい、七十にして心の欲する所に従ってえずと言った、老るに従って益々識高く徳進んだのである。
死生 (新字新仮名) / 幸徳秋水(著)
そこで先生がきをると「ヰルナラタヅネル」一字のことだ。一考してして辭句めた。「ヰルナラサガス」れなら、局待二字分がきちんとる、うまいでせう。
春着 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
お富は朋輩の中でもお秀とは能く気の親密しい方であるからで。
二少女 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
消印はツイ近所の郵便局、明らかに脅迫ですが、何を考えたか「足の勇」は、その不思議な敵の命令にがって、素直に此屋敷を引揚げようと言うのです。
死の予告 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
蝶番がはずれた。錠の閂下がまだ邪魔をしている。うん、と肩でひと押し。扉は内側へまくれこんだ。
金狼 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)