熱海の春あたみのはる
拜啓 三十日夜、相州酒匂松濤園に一泊、間近に富士を望み松原に寄する夕波の趣佳し。 年の瀬や鷄の聲波の音 三十一日、小田原見物、遊女屋軒を並べて賑なり。蒲燒屋を覗き外郎を購ひなどしてぼんやり通る。風采極 …
作品に特徴的な語句
三度さんど くす 腕車わんしや 人物じんぶつ うめ 熱海あたみ 鹽梅あんばい 小田原をだはら 相州さうしう 鳥居とりゐ 藤棚ふぢだな 金色夜叉こんじきやしや たふ 紀伊きい 大島おほしま 間近まぢか 風景ふうけい 山越やまご 吹上ふきあ 夕暮ゆふぐれ 梅林ばいりん 線路せんろ 城山しろやま 酒匂さかは 朱塗しゆぬり にはとり 山中さんちう 三十日さんじふにち 水仙すゐせん 函嶺はこね 氣候きこう 谿川たにがは 輪飾わかざり 松原まつばら 飯田いひだ 三組みつぐみ 古代こだい 出發しゆつぱつ 御座候ござさふらふ 石橋山いしばしやま 神寂かんさ 西風にしかぜ 例年れいねん 伊豆山いづさん 外郎うゐらう 温暖をんだん 料理れうり 七里しちり さは 一泊いつぱく 八分はちぶ 十時じふじ 晝食ちうじき 料理屋れうりや 一把いちは 寒威かんゐ 萬年町まんねんちやう 三十一日さんじふいちにち 壯觀さうくわん 大樟おほくすのき 遊女屋いうぢよや