“兀山”の読み方と例文
読み方割合
はげやま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
前には九州の青い山が手の届くほど近くにある。その山の緑が美しいと来たら、今まで兀山ばっかり見て居た目には、日本の山は緑青で塗ったのかと思われた。
(新字新仮名) / 正岡子規(著)
兀山のあたる遣羽子す(いづれを見ても山家育ちさ)
熱海の春 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
供先兀山みゆるあつさかな 虎角
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)