“籠鴛”の読み方と例文
読み方割合
ろうえん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
満袖啼痕血痕に和す 冥途敢て忘れん阿郎の恩を 宝刀を掣将つて非命をす 霊珠を弾了して宿冤を報ず 幾幅の羅裙て蝶に化す 一牀繍被籠鴛ふ 庚申山下無情の土 佳人未死の魂を埋却す
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)