“儺”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おにやらい66.7%
やら33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
郷人の飲酒するとき、杖者(老人)づればち出づ。郷人のするときは、朝服して阼階に立つ。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
季冬にに先だつ一日大いにす、これを逐疫という、云々、方相氏は黄金の四目あり、熊皮をり、玄裳朱衣してを執りを揚ぐ、十二獣は毛角をるあり、中黄門これを行う
追ひ下心はさもあれやいふは皆うやうやし聞きのよろしさ
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
はれし我のし方ここにして早や遥かなり帰り今在り
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)