“儺追”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なやら66.7%
なおい33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
儺追いをするといって犬君がこれをこわしましたから、私よくしていますの」
源氏物語:07 紅葉賀 (新字新仮名) / 紫式部(著)
儺追いをするのに、何を投げさせたらいちばん高い音がするだろう」
源氏物語:42 まぼろし (新字新仮名) / 紫式部(著)
それから直ちに土の餅を聯想したのは、今でも型ばかりは残っている尾張国府宮儺追祭が、この連中には殊によく知られていたからであった。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)