“木隠”のいろいろな読み方と例文
旧字:木隱
読み方割合
こがくれ50.0%
こがく50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
をくずした小姓組の者をいつのまにかとびこえたのであろう、木隠白球を手に、菊池半助紅球を手にして、最初位置に立っている。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
木隠の音のみ聞えし流の水上は浅くれて、驚破や、ここに空山白光を放ちてれ落ちたるかとじかり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
黄金丸がし、の光に恐れけん、その矢もたで、しく枝に走り昇り、伝ひに木隠れて、忽ち姿は見えずなりぬ。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
そのい帽子の影は木隠れて見えなくなつたが、ミハイロは背後で手を組むで、まだ立つてゐる。何処へ行処もない。
椋のミハイロ (新字旧仮名) / ボレスワフ・プルス(著)