“紅球”の読み方と例文
読み方割合
こうきゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
をくずした小姓組の者をいつのまにかとびこえたのであろう、木隠白球を手に、菊池半助紅球を手にして、最初位置に立っている。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
陣形の中宮に、白球をもった星川余一と、紅球を持った万千代とが、ゆだんのない顔をして立つと、菊池半助はその紅球をとって、もとの場所へかえることを
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)