若菜集わかなしゅう
こゝろなきうたのしらべは ひとふさのぶだうのごとし なさけあるてにもつまれて あたゝかきさけとなるらむ ぶだうだなふかくかゝれる むらさきのそれにあらねど こゝろあるひとのなさけに かげにおくふさのみつよつ そはうたのわかきゆゑなり あぢは …
作品に特徴的な語句
たはぶ 塵埃ちりひぢ わかき にくみ かなしみ ちりば うま とどま 微笑ほほゑ ゑが ひら 宿やどり 苦悶わづらひ 気息ためいき 雄鶏をどり ざを 真珠しらたま あけ 羚羊ひつじ しほ 色彩いろあや あはれ 荷葉はすは ゆる まよひ しづ にはとり こころ たはむ 麗人よきひと むな 春草はるぐさ がは 御輦くるま いはほ くれなゐ 声色いろ おもひ そら しづ がひ おほ たのしみ 印象かたち 血潮のり つま 小竹をだけ 蝙蝠かはほり 歌人うたひと 明鏡かがみ 薄紅うすくれなゐ 小休をやみ 処女をとめ みこと 火焔ほのほ 悲嘆かなしみ えにし なれ いへ 高台たかどの 嫉妬ねたみ かなしみ ねむり 大神おほがみ あめ 憂愁うれひ やまひ 甲斐かひ 慰藉なぐさめ うれひ うしほ よはひ あや あづま 幽遠かすか 柔軟やはらか 栗鼠きねずみ いかり いは をさ 水嵩みかさ みづうみ 孤独ひとりみ をし 悲痛かなしさ たづ 欄干おばしま 漂蕩ただよは