“霊場”の読み方と例文
旧字:靈場
読み方割合
れいじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
にしろ婦女亀鑑としてられた御方霊場なので、三浦家でも代々あそこを大切取扱ってたらしいのでございます。
坂東第二番の巡拝所、名高い霊場でございますが、唯今ではとんとその旧跡とでも申すようになりました。
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
その寺がこの霊場では一番収入の多い寺で、日本でも阿弥陀様を祀ってあるお寺は収入が多うございますが、奇態にこのチベットでもそういうような事になって居って大変な上り物です。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)