“仏説阿弥陀経碑”の読み方と例文
読み方割合
ぶっせつあみだきょうひ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのを挙ぐれば、煩悶異文弁仏説阿弥陀経碑、春秋外伝国語荘子注疏跋、儀礼跋、八分書孝経跋、橘録跋、冲虚至徳真経釈文跋、青帰書目蔵書目録跋、活字板左伝跋、宋本校正病源候論跋
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)