“おきて”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:オキテ
語句割合
84.9%
律法3.3%
1.7%
1.3%
法規1.3%
0.8%
0.8%
仁義0.4%
制規0.4%
0.4%
定規0.4%
常法0.4%
恆規0.4%
0.4%
0.4%
法則0.4%
0.4%
0.4%
置手0.4%
0.4%
規則0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「お前は勤めの身でないか。花代さえりなく貰って行ったら、誰も不足をいう者はあるまい。まだほかにむずかしいでもあるか」
鳥辺山心中 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
「ところが、どもには課せられている律法がありますのでな。それで、この館から災を避けることは不可能なのです」
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
罰なる語は爾の如何なるものなるかを知るものの字典に存すべき語にあらざるなり、罰は法律上の語にして基督教ちょう以上の範囲においては要もなき意味もなき名詞なり
基督信徒のなぐさめ (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
だが、山には山のがある、よしや、座主はゆるされても、がゆるさぬ、弥陀如来がゆるし給うまい
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
の境内なる足許に、切立の石段は、くそのに昇る梯子かとばかり、遠近法規が乱れて、赤沼の三郎が、角の室という八畳の縁近に、りした束髪と、薄手な年増の円髷
貝の穴に河童の居る事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
然るに今はこれに登らんとて地より足を離す者なし、わがは紙をはんがために殘るのみ 七三—七五
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
それがかくも恐ろしいものとは私は信じていなかった。人間のに気がつかないほど神の法に専心するのは一つの誤りだ。死は神の手にのみあるものである。いかなる権利を
「と、出られると、こっちは学がねえんだから、このもやもやを巧くは口に出せねえが、ざっくばらんにいって、おれは仁義を信じている」
私本太平記:07 千早帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
、死はなお容易い、天の、地の、人の制規、いかなる制裁といえども、甘んじて覚悟して相受ける。
唄立山心中一曲 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
念のために、他所見ながら顔をいて、名を銘々に心に留めると、決して姫がえたのではない。の通り十二人。で、また見渡すと十三人。
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
りゅうりゅうと片手で振ったの棒に、仲裁無用の定規を破らせたことであります。
また一国の常法となしゐけるが、ここに一人の孝心深き大臣ありけり。
印度の古話 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
三番叟もので、熱燗洒落のめすと、覿面反返つた可恐しさに、恆規一夜不眠立待して、おへ、小當りにつていた、年増がからかひにである。
大阪まで (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
それもラテン語の仮定文章に ut を使うというほど、やかましい必要は決してないのです。
一体操を守れだの、良人に従えだのという、かなんか知らないが、そういったようなことをめたのは、誰だと、まあ、お思いだえ。
化銀杏 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
幸福の後には不幸が来る、これは此の世の法則です。
台下の農家、取着きのに先ず入ったが、夜に入っては旅の人に取合わぬ此土地のと云い張って、から内へは入れなかった。事情を訴えても聴くので無かった。
死剣と生縄 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
斎藤茂吉氏のミュンヘン雑記や、室生犀星氏の文学を包囲する速力、三木清氏の啓蒙文学論、河上肇氏の第二貧乏物語、ピリニヤークの狼のなどと云ったものは
文学的自叙伝 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
孟子やおどろかん上達やかさ、うまいとめられて今宵も一りと生意氣は七つ八つよりつのりて、やがては置手ぬぐひ、鼻歌のそゝり、十五の少年がませかたろし
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
大講会として、そうはまいりませぬ。ご本名をおめなきうちは、これを諸侯伝令することもならず、ご奉行としても、役儀がら試合をじるわけにもゆきませぬ
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
われらの規則あるいは制度を他国の人に通ぜんとする者あらざるべし。