“そく”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ソク
語句割合
25.8%
17.5%
15.0%
13.3%
10.0%
4.2%
3.3%
2.5%
2.5%
0.8%
0.8%
0.8%
0.8%
0.8%
素繰0.8%
0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さなつたが一大抵づゝであつた。の一にすれば二房半位で、草鞋にすれば五仕上るのであつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
その、落ちるところを空に引ッ掴んで、チャリイン! 丹波の突きを下からね上げながら、のように躍って横地半九郎へ襲い掛った。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「面目次第も無いさ。三年だ、やっぱりこの土地で、鉄道往生をしなった、その時なんです。」
沼夫人 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それに、こんな男女郎の一や二束、あえて左膳をわずらわさなくとも、おれ一人で、いや与吉ひとりで片づけてしまう
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
私情から申してもみがござる。公情から申せば主義の敵でござる。貴殿にいを宣するしだい、ご用心あってしかるべく。——久馬兵馬より山県紋也殿へ
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
もなく手さぐりつたふ渡殿
故郷の花 (旧字旧仮名) / 三好達治(著)
仕方げたに教育せられ薫陶せられた中から良妻賢母大袈裟だが一人前の日本婦人が出て来るなら芥箱の玉子のもオヤ/\さねばならない
もゝはがき (新字旧仮名) / 斎藤緑雨(著)
陣十郎ははじめて驚き、前へ二間ほどに飛び、そこでヒラリと振り返って見た。
剣侠 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
譬えばスナワチというにもの字があり、の字があり、の字があり、便の字があり、ヨルという詞にもの字があり、の字があり、の字があり、の字があり、の字があり
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
それはを踏みはずし、を踏み落して、住職や、有志家連をして、手に汗を握らしむる程度のものに相違ないから、その点の安心が、米友をして仮睡の夢に導いたと見らるべきです。
大菩薩峠:29 年魚市の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
した、半分は口の中でどもってしまう、聞き取りにくい調子だが、どことなく、自ずから感に通じるところがある。……私は妙な機会から、妙な人に逢ったもんだと思った。
北国の人 (新字新仮名) / 水野葉舟(著)
やつら、資本家将軍かにった!——だがおれたち、どん労働者農民にとつてそれが勝利であらう
人間は生きてゐる間は、この幻影に対する不捉又生滅の無限のつゞきを建てたり壊したりしてゐるのである。捨てたり拾つたりして行くものである。
雨の日に (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
見よ、四面の連山のさながら波濤の起伏するがごとく遠く高くれるを。天下れの處にかこのおもしろき一とこの深奧なる無數の山谷とを見ることを得む。
秋の岐蘇路 (旧字旧仮名) / 田山花袋(著)
はたして暗中に人あって、槍に素繰りをくれている。
剣侠受難 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
対象の世界 次に六境とは、六根の対象になるもので、と香と味とと法とであります。六根に対する六つの境界という意味で、六境といったのです。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)