“小當”の読み方と例文
新字:小当
読み方割合
こあた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、はずんでりて一淀みして𢌞から、くなる。らずや、仲町車夫が、小當りにるのである。「まねえがね、旦那。」しきはめる。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
までにも、小當りにることは、板屋團栗ならずで、蜘蛛袖褄いてたのを、けつしつ、擦拔けるせて義理ある内氣
一席話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
三番叟もので、熱燗洒落のめすと、覿面反返つた可恐しさに、恆規一夜不眠立待して、おへ、小當りにつていた、年増がからかひにである。
大阪まで (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)