“湯鑵”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
やかん50.0%
ゆがま50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
箱の前には小さな塗膳があって其上に茶椀小皿などが三ツ四ツ伏せて有る其横にぼった凉炉が有って凸凹した湯鑵がかけてある。
二少女 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
彼は、湯鑵に新しく水をいれて来て火鉢に炭をつぎ添へてかけた。彼は水にやかましかつた。近所の井戸のものには腥気があるとか、鹹気があるとかいつて用ひなかつた。
上田秋成の晩年 (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)