“精氣”の読み方と例文
新字:精気
読み方割合
せいき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大怪俄で精氣を費ひ盡したのだらう。それに人の三倍も五倍も苦勞をした。その上少し顏へ細工を
天之を生みて、天之をす、一に天にさんのみ、吾れ何ぞ畏れん。吾が性は即ち天なり、躯殼は則ち天をむるの室なり。精氣の物と爲るや、天此の室にす。遊魂を爲すや、天此の室をる。
見よここ永生精氣みちて
独絃哀歌 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)