“逢:あい” の例文
“逢:あい”を含む作品の著者(上位)作品数
野口雨情1
長谷川時雨1
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ1
正岡子規1
若松賤子1
“逢:あい”を含む作品のジャンル比率
文学 > ドイツ文学 > 戯曲50.0%
歴史 > 伝記 > 日本8.3%
文学 > 日本文学 > 日本文学0.9%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
これを大方おおかたのよに恋の成就じょうじゅとやいふならん、あいそめてうたがふいと浅し、
樋口一葉 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
事におあいでしょう。そしたら鍵を揮っておよけなさい。6280
あなたにおあい申すや否や、自分は同時に乞食の9275
あい見ればまた思ふやうの顔したる人ぞなき)
樋口一葉 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
あいいッてよびによこしなすったよ
忘れ形見 (新字新仮名) / 若松賤子(著)
おのれにまさりて物しれる人は高きいやしきを選ばず常にあい見て事尋ねとひ、あるは物語をきかまほしくおもふを、けふはこの頃にはめづらしく日影あたたかに久堅ひさかたの空晴渡りてのどかなれば
曙覧の歌 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
あいはせぬかよ
枯草 (新字旧仮名) / 野口雨情(著)