“つぶや”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ツブヤ
語句割合
96.4%
1.0%
独語0.4%
小言0.4%
独言0.4%
0.4%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
喃語0.1%
打呟0.1%
獨語0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
惣助は母者人の寝相を見ないようにして、わざと顔をきつくそむけながらいた。これは太郎の産みの親じゃ。御大切にしなければ。
ロマネスク (新字新仮名) / 太宰治(著)
きながら、自分今日ら進んで、自分の運命の半分を破壊したのも同じ事だと、心のうちにいだ。今迄はを相手に、好い加減な間隔を取つて、柔らかに自我をしてた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
朝は我が台所のものよりも、先だちて起き出でたまへば、睡き眼を母様に起こされたる下女の、また浅木さんが早起きしてツ、ついぞ祝儀の一ツも呉れた事はないにと小言くが例なるに。
葛のうら葉 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
独言きながら奥に行くと、は消えて四辺は黒白も分かぬ真の闇だ。
月世界競争探検 (新字新仮名) / 押川春浪(著)
まるでに描いた相馬の古御所というやつだ。なるほど不思議がありそうだ。今に見ろ、一番正体を現してやるから。と何やら意味ありげにきけり。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
して來た樣な物だとき/\本町へ歸る途中も長三郎思ひし娘がこと言はぬもし言も又恥しゝとは懷中ちの大家の息子世間見ず胸に餘て立歸るもしと思ふより如何したことと兩親が問ば先刻音羽まで參りましたが腹痛にて何分心地ければ王子へ行ずに立歸りしと答へて欝々部屋に入り夜具引擔打臥しが目先に殘るは
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
斯くきつゝ、余は新聞を顔に打掩うた。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
私は苦しみに堪へ兼ねて必死と両手を組み合せ、わけの判らない哀願の言葉を口の中できます。
(新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
一羽のが、彼と母とのく声に交えて花園の上でき始めた。すると、彼の妻は、親しげな愛撫の微笑を洩らしながらいた。
花園の思想 (新字新仮名) / 横光利一(著)
水は障子の外をく流れていた。榊、正太の二人は電燈の飾りつけてある部屋へ三吉を案内した。叔父の家へ寄る前に、正太が橋ので見た青い潮は、耳に近くヒタヒタと喃語くように聞えて来た。
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
打呟きつゝ早々拭終り又も詰所に帰りて帽子は鴨居に掛け羽織は着
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
「どうで餘計者だ、やしねえからえゝや、てたつてやしねえ」獨語いた。勘次くなつた。卯平勘次屹度してるのだとつたのである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)