花園の思想はなぞののしそう
丘の先端の花の中で、透明な日光室が輝いていた。バルコオンの梯子は白い脊骨のように突き出ていた。彼は海から登る坂道を肺療院の方へ帰って来た。彼はこうして時々妻の傍から離れると外を歩き、また、妻の顔を新しく見に帰った。見る度に妻の顔は、明確なテ …
作品に特徴的な語句
しつこ さげ つぶや 露台バルコオン あら 花車はなぐるま しら あわ しわぶ 太股ふとまた 横顔プロフィール からま はず 饒舌しゃべり あが くら いじ 仮象かしょう におい 天晴あっぱ ことごと たび こわ つか もら しとや ひそ さわや つむ 秋波しゅうは たず またが しゃが ひら いただ しか 飛沫ひまつ にわとり 一挺いっちょう 一疋いっぴき 仕様しよう 仰言おっしゃ まないた おれ すこや いつわ そば 傲然ごうぜん 光鋩こうぼう かぶ 凶徴きょうちょう 勘忍かんにん さじ 呆然ぼうぜん せき すす うそ 園丁えんてい 夜鴉よがらす みさき くず ちまた ねが ゆる 御免ごめん 復讎ふくしゅう たちま 忽然こつぜん うら 恍惚こうこつ 悠々ゆうゆう なさけ ふる 憂鬱ゆううつ はばか たわむ 扁平へんぺい 抜擢ばってき てのひら すく